囲碁観戦記者・囲碁ライター

内藤由起子 公式サイトへようこそ。

このサイトは新刊・既刊本のご紹介や連載・番組等の活動を掲載しています。

​どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

最新情報

yukiko20200821.jpg

誰でも最先端のAI定石が使える!
井山裕太の実戦譜をもとにやさしく解説!
最先端の定石の教科書

【AIと勝負するフェイズは終わった!
AIをうまく活用して棋力をアップする時代に突入!】

2016年、強い囲碁AI(人工知能)が出現し、
ここ数年で大きく囲碁の考え方が変わってきました。
囲碁AIの生み出した戦術が、囲碁の打ち方を大きく変えたのです。

今、その変化の波は、「プロだけでなく、囲碁を打つすべての人に」広がっています。
でも、囲碁AIの戦術をやさしく解説した本はありません。

本書は、AI出現以降の現代の囲碁において、
必要な定石を知っていただくことを目的としてまとめています。
まったく新しい定石、AI出現以降も変わらず打たれている定石、
これらをまとめて「新定石」と称して紹介しました。

井山裕太九段の実戦を題材に、
棋譜解説とともに新しい定石の使い方や変化を、
級位者から有段者のみなさんを対象に、わかりやすく解説しました。

 

著作者名:内藤由起子

書籍:1,320円

四六判:272ページ

発売日:2020年8月20日

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜

                                      月額 330円(初月無料)

                     月4回程度

囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

yukiko_igorival.jpg

人生をかけた戦いから生まれる物語

囲碁のタイトル戦の歴史を「棋士のライバル関係」という視点でまとめた読み物です。
大竹英雄、趙治勲、加藤正夫など木谷門や平成四天王、平成の囲碁界を牛耳った井山裕太に挑む令和の新世代棋士など、時代を彩る名棋士が登場します。

著者は囲碁観戦記者として、棋士の激闘の歴史を間近で見届けてきた内藤由起子氏。
タイトル戦の裏側やその時の対局者の心情などが自身の体験談を交えて語られていきます。

昭和から現在の囲碁界を楽しみながら振り返ることのできる一冊です。

著作者名:内藤由起子

書籍:1,749円

四六判:224ページ

発売日:2020年05月21日

シリーズ名:囲碁人ブックス

books_02.jpg

『それも一局:弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ

昭和から平成にかけて囲碁界を席巻した棋士たちの原点「木谷道場」。「美学」の大竹英雄、「コンピュータ」の石田芳夫、「宇宙流」の武宮正樹、「殺し屋」と呼ばれた加藤正夫、常識を覆した「小林流」の小林光一、「大三冠」趙治勲の勝負魂など、多彩な才能をもつ個性豊かな棋士たちを育てた大棋士・木谷實九段の教えとはどのようなものだったのか?


「それも一局だね」とは、木谷がよく口にしていた言葉。そこには、「それも一つの人生だね」という意も込められており、内弟子の長所を伸ばす育て方をした木谷を象徴している。本書は、現代囲碁の発展に寄与した棋士・木谷實と木谷道場の魅力を弟子たちの証言から綴る囲碁ファン必読の書。

内藤 由起子 著

水曜社

出版年月日:2016/10/05

書籍:1,728円

​電子版:1,296円

kaisetu30.jpg

『井山裕太の碁 強くなる考え方』

二度の七冠!井山裕太の碁を誰にでもわかるように解説!
誰にでも役立つ「基本」と華麗な「スゴ技」がわかる!

日本囲碁界の第一人者である井山裕太さんの碁をやさしく解説することで、みなさんに楽しみながら強くなっていただこうというのが本書の目的です。
 
井山さんの碁はもちろん個性的だったり難しい読みを必要とする部分もありますが、
多くの場面は基本の積み重ねです。
初心者であっても必ずわかる部分があり、棋力アップにつながりますので臆せずトライしてみてください。


★プロの棋譜には大事なことが詰まってる!
「基本」布石/定石/手筋/生き死に/ヨセ が身につく!
「スゴ技」捨て石/決断力/とどめ/執念/秒速の読み を読み解く!
★「見る」「並べる」ことでみるみる上達!
★碁の鑑賞も楽しくなる!

井山 裕太著

内藤 由起子著

​池田書店

出版年月日:2018/09/11

書籍:1,320円

電子版:1,100円